脚だけ痩せないのは姿勢が原因?!

脚だけ痩せないのは姿勢が原因?!

2021.06.20


皆様は、ダイエットをしても脚だけ痩せない…

脚だけ太い…などのお悩みありませんか?

せっかくダイエットをしたのに脚が痩せなかったら辛いですよね。

結論から申しあげると、脚が太くなるのは姿勢が大きく関係しています。

そこで今回は、「脚を太くしてしまうNG習慣と改善方法」について徹底解説していきます。

実際にPROUVEでは、NG習慣を見直してダイエットに成功した方が多数おられます。  

※PROUVEでは、プロのトレーナーが指導を行なっています。姿勢改善を行うことで脚やせも実現できるため、本記事を最後までご覧くださいね。

◾️本記事の内容

✔︎脚を太くしてしまうNG習慣

✔︎脚やせを実現する方法

✔︎姿勢を正して脚やせを実現させよう

脚を太くしてしまうNG習慣

まずは、なぜダイエットをしても脚だけ痩せないのか原因を探っていきましょう。

その1.高いヒールの靴をよく履く

高いヒールを履くと、重心が前にいくため身体がバランスをとろうとして脚に余計な力が入ります。すると太ももが張ってしまい脚だけ太くなります。

その2.脚を組んで座る

椅子に座るとき無意識のうちに脚を組んでいませんか?

脚を組むと組んだ方の筋肉が使われなくなり筋力が低下します。また、脚を組むことで骨盤が歪み姿勢が悪くなることで脚を太くしてしまいます。

その3.小股で歩く

小股で歩くと使う筋肉が限られるため前ももの張りの原因になります。

その4.常に猫背

普段の生活を猫背で過ごしていると、骨盤が本来の位置からずれ歪んでしまいます。

骨盤が歪むことで、筋肉バランスが崩れ太ももに大きな負荷がかかります。そのため太ももだけ痩せないという現象に陥るのです。また、血流も悪くなりむくみの原因にもなります。

このように脚が太くなってしまう原因は普段の何気ない動作が関係しています。

そのため生活習慣を見直し、姿勢を改善していく必要があります。

脚やせを実現する方法

続いては、脚やせを実現するための方法について解説していきます。

その1.自分に合った靴を選ぶ

高いヒールは、姿勢が前重心になり、バランスが崩れます。また、サイズが合わない靴を履いているとむくみの原因にもなります。

脚を太くしないための靴選びのポイントとしては以下の通りです。

①ヒールを履きたい時は3㎝前後が一番疲れない

②着地面積が広い

③靴底に適度なクッションがある

④つま先がキツくない

⑤ヒールがかかと重心で左右のバランスが良い

その2.椅子に座るときは深く腰をかけ脚を組まない

椅子に浅く腰をかけると骨盤のずれの原因になります。しっかりと深く腰をかけ姿勢を正して垂直に座るようにしましょう。

また、脚は組まず、両脚を閉じて座ることで脚やせだけでなく腹筋も鍛えることができます。

3.歩くときは大股で歩く

大股歩きは、小股歩きよりも、より広い筋肉を使うことができます。そのため普段動かしていない筋肉を使うことで脂肪燃焼効果を高める効果があります。

4.姿勢を正す

脚を太くしないためには、正しい姿勢を身につけることが重要となります。

では、正しい姿勢について紹介していきます。

正しい姿勢とは?

まずは、壁に背中を向けて立ちます。

次に後頭部・肩甲骨・お尻・かかとを壁につけます。

顎を引いた状態で、腰の後ろの隙間に手のひらがギリギリ入る状態が正しい姿勢となります。

正しい姿勢を保つためには『クセづけ』をすることが大切になります。そのため、この背中に壁をつけた状態を毎日1回1分を繰り返し行なってください。時間がない人は、1日1分を毎日続ける続けるだけでもOKです。

毎日行うことで、壁を使わなくても正しい姿勢をつくれるようになります。

詳しくは、壁立ちエクササイズを提案した山本江示子さんの記事をご覧ください。

ここまでは、「脚を太くしてしまうNG習慣と改善方法」について解説してきました。

姿勢を正して脚やせを実現させよう

姿勢が悪いと骨盤が歪み脚に負担をかけるため脚だけ痩せないという現象が起こることがわかりましたね。

普段の何気ない行動を見直し、姿勢を正すことで脚やせを実現できるため皆様も上記の改善方法を実践してみてくださいね。

なおPROUVEでは、その他姿勢改善のためのストレッチや正しい姿勢での運動のレクチャーも行なっています。

姿勢改善をしたい、正しい姿勢での運動をしたいという方はぜひ一度ご相談&体験にお越しください♪