楽してるのに痩せる方法?!

楽してるのに痩せる方法?!

2020.05.19


楽して痩せたいと思いませんか?

 ダイエットに真剣に取り組んでおられるお客様で「仕事終わりにジョギングを頑張りました!」「眠たいけれど朝早く起きて毎日走ってます♪」と報告してくださる方がおられます。

 痩せる為、自主的に取り組んでくださるのは私達も嬉しいのですが、「睡眠時間を削って」まで行うことはオススメしておりません。

睡眠が減ると太りやすくなる

 コロンビア大学が18,000人を対象に行った調査では、1日7時間以上寝ている方と比べて6時間であれば「23%」、5時間で「50%」、4時間未満では「73%」も肥満の傾向が高くなっているそうです。

 十分な睡眠がとれていると、寝ている間に約300〜400kcal消費すると言われています。睡眠が不足すると約90kcaまで低下してしまうそうです。この200〜300kcalの差はジョギングに換算すると体重50kgの方の5km程度に匹敵します。つまり、それだけでも毎日5kmのジョギングするよりも、しっかり寝た方が痩せると言えます。

ホルモンで痩せる

十分な睡眠でホルモンの分泌を促す事で楽に痩せることができます。

成長ホルモン→加えて代謝を促進する
レプチン→食欲を抑制する
セロトニン→幸せホルモン

これらのホルモンが分泌される為、ストレスフリーなダイエットを実現できます。

有酸素運動は有効!

当然十分な睡眠を確保した上での有酸素運動は脂肪燃焼に効果的ですが、前述の理由から睡眠を削ってまで行うのは逆効果だと考えております。正しい知識を身につけて、無駄なく無理なく理想の身体を手に入れましょう!!

有酸素運動<睡眠

これだけは覚えておきましょう!

PROUVEでは、間違ったダイエットで苦しむ人を減らしたいという思いで運営しています。もし今までに高額な