PROUVE

【事実】朝食抜きだと太りやすい

「朝は、朝食を抜いた方が摂取カロリーが減って痩せる。」

「食べる時間がない。」

このような理由で朝ごはんを抜いている人はいませんか?

しかしその行為は、逆に太りやすい体に導いている可能性があります。

朝ごはんをきちんと食べると代謝が上がるため、太りにくい体を作ることにつながります。

そのためダイエットしたい人こそ朝ごはんを食べるべきなのです。

今回は、①なぜ朝食を抜くと太るのか②どういう朝食が痩せやすいのかについて紹介していきます。

朝食を抜くと太る理由とは?

最近は朝食抜きダイエットや夜更かしして食べる時間がないなど、朝食を抜く方も多いのではないでしょうか?

ですが、朝食抜きは健康面だけではなくダイエット面でも悪影響を及ぼします。

  • 基礎代謝が低下する
  • 身体が脂肪を溜め込む
  • 集中力が低下する

詳しく説明します。

基礎代謝が低下する

朝食を抜くとダイエットに必要な基礎代謝が低下します。

私たちの身体は、寝ている間は体温が低く、朝起きて朝食を食べることで体温が上昇し基礎代謝がアップします。

これは、食事誘発性熱産生というものが関係しています。

朝食を食べると内臓が消化のためにエネルギーを燃やします。

そして体温を上げるために基礎代謝がアップするのです。

つまり、朝食を食べない=消費エネルギーが低下し脂肪燃焼しづらい体になってしまうということです。

身体が脂肪を溜め込む

朝食を摂らないと、前日の夕食から次の食事までの時間が長くなります。

そうするとエネルギー不足となった身体は一時的に飢餓状態となります。

そのため昼食を食べると血糖値が一気に上昇してしまいます。

糖を脂肪として取り込む働きのあるインスリンが過剰に分泌され、体脂肪が溜まるという状況に陥るのです。

「朝食も飢餓状態では?」と思う方もいるかもしれませんが、朝食で吸収された栄養は1日のエネルギーとして消費されるので体脂肪はたまりません。

集中力が低下する

朝食を欠食すると脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足するため集中力が低下します。

みなさんも朝食を抜いたらイライラしやすくなったり集中力が低下した経験ありませんか?

実はそれは、脳のエネルギー不足が原因だったのです。

このように、朝食を抜くと様々なリスクがあることが分かりましたね。朝食を食べることは、代謝アップや痩せる身体作りのためにも重要なのでしっかり食べていきましょう。

では、どのような朝食を食べると痩せやすいのでしょうか?

続いては、痩せる朝食について紹介していきます!

痩せる朝食ポイント

朝ごはんというと、コーヒーだけ。という人も多いかもしれません。

しかしそれだけではNG!朝ごはんには、炭水化物とタンパク質がマストです。

炭水化物で太りにくい身体を!

朝は、先ほど説明したように夜ご飯からかなり時間が経っているため身体がエネルギー不足となっています。

エネルギー不足状態のままお昼ご飯を食べると太りますが、これを打破できる唯一のエネルギー源が炭水化物となります。

朝に、パンやご飯などの炭水化物を食べることで栄養不足を防止し、太りにくい身体を作っていきましょう!

タンパク質も補給しよう!

タンパク質が不足すると筋肉の量が減ってしまうので基礎代謝が下がり、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

そのためタンパク質もしっかり補給していきましょう!

また、米国・ミズーリ大学コロンビア校の博士らが、Obesity 2011年5月5日オンライン版に発表した研究で、高タンパクな朝食を食べると、1日の中で空腹を感じることが減る。

という研究結果を発表しました。

つまり、高たんぱくの朝食を摂ると満腹感が持続し空腹感が減少するのです。

間食やドカ食いに走ることも減るため、ドカ食いをする人は、まず高タンパクの食事を摂るようにしましょう。

ここまでで朝に炭水化物とタンパク質が重要ということが分かりましたね。

しかし忙しい朝は朝食を食べる時間がない!

という方も多いと思います。

そこで今回は、忙しい朝でもパパッと食べれる簡単なメニューを紹介していきます。

痩せる朝食!簡単メニュー

ご飯+豆腐+味噌汁

忙しい朝に、ご飯を作っている暇はない!

という方におすすめな「ご飯+豆腐味噌汁」

ご飯と大豆製品のもつ良質なタンパク質や脂質を取り入れて代謝をアップさせましょう!

また野菜をたっぷり入れることで食物繊維もしっかり摂れます。

忙しい方は、まずはインスタントから始めてみるのもおすすめです。

納豆卵かけごはん

味噌汁を食べる時間もない!という方には、納豆たまごかけごはんがおすすめです。

どんぶりにすることで手軽に食べることができます。

また、大豆に含まれる「サポニン」は血中脂質値を減らしてくれる効果もあります。

脂質も低すぎず高すぎず約10g摂ることができます。

タンパク質は13gで女性には十分。

これに「めかぶ」もつければ食物繊維も国が定める一食あたりの量が摂れます。

このように、忙しい朝でも少しの工夫をすることで太りにくい身体をつくることは可能です。

朝食を食べずに「太った」という人はまず朝食を摂るべきなのです。

まとめ

今回、お伝えしたように一般的には朝食を抜くと太る可能性が高くなります。

そのためご紹介した情報を参考に、ご自身にあったスタイルで朝食を食べ、太りにくい身体を目指しましょう♪

PROUVEでは、朝食をしっかり食べ、ダイエットに成功している方が多数います!

正しい朝食の摂り方やダイエット法について知りたい!という方は、ぜひ一度ご相談&体験にお越しください♪

執筆者:kubo